高齢者集合住宅の健康管理室 | 病院以外の看護師求人募集

高齢者集合住宅の健康管理室 | 病院以外の看護師求人募集

近年は高齢化社会となっているので、高齢者向けの施設もどんどん増加傾向にあります。中でも高齢者向け集合住宅の中に設置された健康管理室の看護師求人は新しいタイプの求人の1つです。高齢者集合住宅の規模に応じて大体5名から10名ぐらいの看護師が勤務しています。

 

高齢者集合住宅の健康管理室における看護師の役割・待遇
高齢者集合住宅の健康管理室では、高齢者の症状をしっかりと見守ることが仕事となるので、必ず体調のチェックや介護なども行う必要があります。入居者の病状にもよりますが、基本的には食事や排せつ、風呂や適度な運動など、自分ではできないことを看護師が助けてあげるというのが仕事内容です。さらにリハビリも行う必要がありますし、室内の衛生管理も看護師の仕事の内となっています。

 

そんな高齢者集合住宅で働く看護師の給料は、一般的な看護師の平均的な給料に比べて、大体平均的な給料となっています。ただし、高齢者集合住宅では残業や夜勤を行う必要もあるので、夜勤や残業をすればやった分だけ給料が上がるので、平均的な看護師の給料よりも高くなる場合もあるでしょう。

 

職場によって仕事内容の範囲が異なるので注意が必要

現在ではいろいろな種類の高齢者ケアの求人が存在しているので、転職する時にはしっかりとどのような仕事内容なのかしっかり確認しておきましょう。まず、1番最初に見るべきポイントは「どこまでの介護業務が含まれているのか」という点です。この点を押さえておけば、スムーズに求人を選んでいくことができるでしょう。

 

また、高齢者集合住宅の場合には、他の介護施設勤務の求人に比べると若干数は少なくなっているのですが、ある程度の求人数は存在しているので、発見できないということは滅多にありません。また、都心の方が求人数は多くなっている傾向にあるので、どのようなエリアで求人が多くなっているのかという情報収集も必要です。



病院以外の看護師の働き方一覧