エスコートナース | 病院以外の看護師求人募集

エスコートナース | 病院以外の看護師求人募集

看護師の仕事として、エスコートナースという職種があります。例えば、海外で怪我や病気になった人がいた場合、彼らを現地の病院から日本の病院へ搬送する必要がでてきます。特に長期的な治療が必要となった場合は、現地の病院にずっと入院するわけにもいきません。搬送では飛行機を利用する場合が多いのですが、この患者の搬送に付き添うのがエスコートナースになります。

 

■日本での需要も伸びつつある
海外では昔から需要のある仕事でしたが、日本では少々遅れている感も否めませんね。しかし、近年の海外旅行者数の増加により、エスコートナースの需要は日本でも大きくなっています。ただ、エスコートナースの仕事は、単なる付添というわけではありません。旅行気分での付添ではありませんので、ここはきちんと把握しておきましょう。

 

エスコートナースの仕事は患者によっていろいろだとは思いますが、搬送中の患者のバイタルサインのチェック、患者の状態を四六時中観察することが必要であり、その経緯をきちんと記録していくことも求められます。また、患者の様態の悪化という場合も有り得ますので、精神的にもかなりハードな仕事と考えてもいいかと思います。

看護師資格だけではなく英語力も必須

エスコートナースで重要になるのは「英語力」になります。世界の公用語は基本的に英語になりますので、現地病院のスタッフたちとの意思疎通には語学力が絶対に必要です。英語に堪能であり、患者の搬送業務における患者へのケアに関心のある方は、エスコートナースを選択肢に入れてみてもいいでしょう。

 

ただ、前述のように、日本でのエスコートナースの需要が大きくなっていると言いつつ、その求人数は多いわけではありません。エスコートナースになるためには、患者搬送を行なっている企業に就職したり、あるいはエスコートナースとして登録しておく必要があります。

 

日本でエスコートナースとして働いている看護師もいますが、スタッフとして登録した場合、語学力と共にエスコートの時間に柔軟に対応できること、様々な診療科目に精通していることも大事なポイントになります。将来的にはさらに重要視される仕事だと思いますので、病院以外で働きたいとお考えの看護師は、エスコートナースという職種も一つの選択肢になるでしょう。



病院以外の看護師の働き方一覧