看護師が企業で働くと仕事内容が楽になるのか

看護師が企業で働くと仕事内容が楽になるのか

将来的に企業勤務をお考えの看護師にとって、企業内での看護師としての仕事やその負担の大きさなどは関心のあることだと思います。仕事が楽になるかどうかはご自身の気持ちの持ち方一つと言えるかもしれませんが、企業で働く看護師の実情を見てみましょう。

 

日勤のみで働ける

まず、看護師が企業で働く場合、概ね日勤ということが多くなります。正確には企業の就業規則に準じますので、企業に夜勤がなければ当然日勤だけということになるのですね。夜勤が前提となっている医療機関で働く看護師にしてみれば、この部分はかなり楽と思えるかもしれません。

 

しかし、この部分だけで「看護師が企業で働くのは楽なんだ!?」と考えてしまうのは少々短絡的かもしれません。と言いますのも、企業側は、あなたが持っている看護師としての知識や技術プラスアルファを常に求めるものです。例えばですが、看護師であるみなさんは、「何から何まで全て自分でこなす」ということはあまりしないのではないでしょうか?医療機関などを例として考えると、看護師の仕事はある部分きちんと分担性になっているはずです。

 

一人ひとりへの責任の重さは大きくなる

企業の医務室勤務になりますと、社員の健康管理に関わる全ての仕事を一人でこなしていかねばなりません。医療機器メーカーに勤務した場合は、持っている医療機器・用具の知識を総動員して、自社製品の売り込み(営業です)、その後のアフターケアなども責任を持って行う必要があります。治験関連企業に勤務すると、治験に関わる全ての人間・会社の間に立って、きめ細かで正確な調整作業・サポートをすることが要求されます。

 

まとめ

最初に述べたように、勤務形態に夜勤がないことは間違いなく楽な部分だと思います。しかし企業では、看護師として培ってきたスキルを土台としてさらに前向きに頑張っていく必要があるのも事実です。看護師として一生懸命現場で働いてきた「何ものにも代えがたい経験と技術・知識」をあなたは持っているはずですよね?この経験を企業で上手に活かすことができるのならば、仕事はより「楽しく」なっていくのではないでしょうか?そして「楽しい仕事」では、辛い部分も楽な部分もさほど気にならなくなっていくような気がします。

 

企業で看護師が働く場合、その仕事内容は楽になるのか?と考えた時、これは人によって様々ですから、ご自身の現状で「譲れない部分」「妥協できる部分」を正確に把握した上で、企業で働く看護師の仕事を考えてみるというのはいかがでしょうか?



病院以外の看護師の働き方一覧