経験が浅い新人看護師が企業看護師になるには

経験が浅い新人看護師が企業看護師になるには

近年は、1〜2年目の新人看護師でも病院以外へ転職する方が増えています。病院以外の仕事の中でも特に注目を集めている企業看護師。企業内医務室勤務の産業看護師や医療機器メーカーのフィールドナース、治験関連企業の治験コーディネーター・臨床開発モニターなどの働き方があります。

 

まだ経験が浅い新人看護師が企業看護師への転職を成功させるためには、どういった対策をすればよいのでしょうか。

 

正職員以外の雇用形態も選択肢に入れる

まずは正職員にこだわらずに探すことがポイントになります。企業看護師の求人は、正職員が最も多くなっているのですが、中には紹介予定派遣という形で募集をしているような企業も多くなっていますし、数は少なくなっているものの、アルバイトで求人を出している場合もあるのです。

 

このように非常勤という形で募集を行っている求人に応募することで、経験が浅いような新人看護師であっても採用してもらえる確率は高くなるのです。特に紹介予定派遣で採用してもらえば、一定期間勤務することで正職員になることが可能なので、経験が豊富な人でも紹介予定派遣の求人を探す人がいるほどです。

 

比較的経験が浅い人でも採用してもらいやすいので、経験が浅い看護師にとってはとてもうれしい雇用形態なのです。また、時々アルバイトで求人が出ている場合もあるのですが、アルバイトの場合には、早急に人材が欲しいからこのような雇用形態で募集を行うので、やはり多少経験が浅くても採用してもらえる可能性は高くなります。

 

臨床経験を重視していない職場を選ぶ

経験よりもやる気を重視する企業や、自社の色に染めたいという意向から経験者は採用しないという企業もあり、採用傾向は様々です。また、全体の傾向としては中小企業に比べると大手企業の方が人員や教育体制に余裕があり、経験の浅い人を採用している傾向にあります。

 

新人看護師の場合、求人先に関する情報をもとに、経験の面で不利にならないように求人を選ぶというのがポイントになります。



病院以外の看護師の働き方一覧