看護師の病棟勤務と外来勤務、楽なのはどっち?

看護師の病棟勤務と外来勤務、本当に楽なのはどっち?

病棟勤務と外来勤務を比べてみる、どちらが自分に合っているのか?ということは、看護師であれば一度や二度(もっと多いかもですね?)考えたことはあるのではないでしょうか?

 

⇒体力的な負担で比較
当たり前のことですが、外来勤務の方はほぼ日勤であり(たまに夜勤当直もあるかもしれませんが)、病棟勤務は土日祝祭日に関係なくシフト制で動きますから、常に夜勤が入ってきます。単純に肉体的な部分で考えてみると、たしかに日勤の方が楽ですよね?しかし、日勤メインである外来勤務では、ほぼ立ちっぱなしなので実はかなり足腰にきます。お若い方は関係ないかもしれませんけどこれは事実。またカレンダー通りに休めると言っても、その実残業が意外に多いのも外来勤務なのですよね。

 

⇒患者さんとのコミュニケーションで比較
病棟勤務の場合、入院患者さんのお世話が基本となります。受け持つ患者さんはほぼ決まっていますから、患者さんと密に関わることが可能です。これは喜ばしいことなのですが、反面、ナースコールでは昼夜問わず患者さんの呼び出しに応じねばなりません。どんな些細なことであってもです!

 

外来勤務の方では、訪れる外来患者はもちろん身体の不調・病気などで来院しますが、患者さんに接する看護師の態度は、物腰の柔らかい営業マン的な要素(気配り、笑顔など)が常に要求されますよね?またちょっとした対応の不味さがクレームの原因になりますので、けっこう気疲れします。「うん、うん!」と思っている方も多いのでは?

 

⇒仕事内容で比較
病棟勤務の看護師は疾患・疾病に関する膨大な知識が必要になりますから、忙しい時間の中で常に勉強会などを行なっている場合が多いですよね?外来勤務は、失礼とは思いますが雑務的なものが多いと言いつつ、急患に迅速に対応する技術・知識も常に要求されます。それに加えてカルテや伝票整理といった看護師的ではない(?)仕事も多々あります。

 

まとめ

どう考えても、どちらが楽か?とは簡単に言い難い感じになってしまいますね。要するに、上述のことを踏まえた上で、あなた自身の性格的な面、家庭での生活面、体力面(夜勤は?)などを考慮した時、どちらが自分に合っているのか?ということになるのだろうと思います。ただ、夜勤がイヤ!という方は外来勤務の方がいいのでしょうけど・・・。



病院以外の看護師の働き方一覧