看護師の病院以外への転職事例《ケース1 保育園ナースに転職したEさん》

看護師の病院以外への転職事例《ケース1 保育園ナースに転職したEさん》

看護師は保育園にも勤務しているのですが、通常看護師資格を取得してすぐに保育園に勤務することは無く、大半の人は看護師として違う職場で経験し、転職をして保育園に勤務するのが一般的です。そこで保育園に転職することに成功したEさんの事例を紹介していきたいと思うので、今後保育園に勤務したいと考えている人は、是非参考にしてみてください。

 

転職を決意したきっかけは?

看護師の資格を取ってから病院に5年間勤務し、出産を機に退職して子育てをしていたのですが、その後で小児科のクリニックに5年間勤務してから保育園に転職することを決意しました。保育園に勤務しようと思ったきっかけは、子供が好きであったことや、自分の子供を保育園に預けて仕事をしていた時に、色々と子供のことで相談に乗ってもらったので、自分も多くの子供を持つ親のために働きたいと考えたからです。

求人探しには、転職サイトを利用したそうですが?

小児科クリニックを辞めてすぐに就職活動を始めたのですが、出産でブランクがあった時にお世話になったことがある看護師専門の転職サイトを利用すれば、色々な就職先が載っていることや、非公開求人を紹介してくれることを知っていたので、今回も以前使っていた看護師専門の転職サイトに登録をしました。

 

保育園に勤務したいことを告げると、現在では保育園に勤務する看護師が足りていない状況なので、正社員よりも派遣やアルバイト、パートでの募集が多くなっていると聞き、今回は自分の家からすぐの場所にある保育園でアルバイトの募集をしていたため、アルバイトで働くことに決めました。

 

アルバイトでも普通のサラリーマンより給料がよいですし、社会保険にも加入できるので、すぐ面接に行きましたが、小児科勤務の経験と子育ての経験のことを色々と聞かれたのが印象的でした。やはり保育園では小さな子供を相手にしているので、小児科勤務や子育ての経験が役に立って採用してもらえたと考えました。

保育園ナースとしての現状を教えて下さい

仕事は看護師の仕事と保育士の仕事の半々をこなす感じですが、看護師の仕事をきちんとやりたいというよりは、子供と接する仕事が好きな私にはぴったりな職場だと思っています。基本的に健康で元気な子供を相手にしているので、病院勤務の看護師には無い大変さもあり、やりがいも感じています。



病院以外の看護師の仕事一覧