看護師が勤務する「企業内医務室」「企業内診療所」「企業内健康管理室」の違い

看護師が勤務する「企業内医務室」「企業内診療所」「企業内健康管理室」の違い

民間企業に勤務する看護師を、通常産業看護師や企業看護師などと呼びますが、中には企業内医務室、企業内診療所、企業内健康管理室などと求人票に書かれて募集をしていることもあります。この3つはそれぞれ名称が異なっているのですが、何か意味があるのでしょうか。もしくは仕事内容や用途が異なっているのでしょうか。

 

そこでこの3点について1つずつ解説させていただきます。まずは企業内医務室ですが、企業内医務室というのは学校の保健室と同じで、病気になった時やケガをした時の応急処置や看護を行ったり、ベッドがあってゆっくりと休めるようになっていたりする部屋のことです。大手企業であればこのような企業内医務室が存在していることが多くなっています。

 

主な特徴としては、看護師や保健師などが1人で勤務するケースが多くなっているのですが、会社によっては2人で勤務するような場合もあります。健康診断などもこのような企業内医務室で行われる場合もあるのですが、比較的小さめの部屋となっているので、身体測定など一部の健康診断だけ企業内医務室で行うというのが一般的です。

 

次に企業内診療所ですが、この企業内診療所というのは、会社の中に存在している小規模なクリニックのような感じの施設で、社員専門のクリニックと言っても過言ではありません。よって看護師だけではなく、医師も一緒に勤務しているのが一般的ですし、薬剤師が勤務していて薬を支給してくれるような場合が多くなっています。

 

最後に企業内健康管理室ですが、企業内健康管理室というのは、メンタルケアや健康に関する相談を受け付ける部屋になっていて、企業内医務室のように急病人のケアやケガ人の応急処置なども行っているので、企業内医務室よりも大規模な部屋と考えてよいでしょう。通常は企業内医務室も、企業内健康管理室も一緒にして医務室と明記することも多くなっているのですが、企業内健康管理室には医師も勤務しているのが一般的です。

 

このように表記の方法によって仕事内容や使用用途が異なっているということも、企業看護師として働くのであれば知っておくべきでしょう。



病院以外の看護師の仕事一覧