企業の看護師採用が難関の理由とは

企業の看護師採用が難関の理由とは

「産業看護師は狭き門!」「なかなか産業看護師になれない!」とよく言われていますが、あなたはこういった声を聞いたことはないでしょうか?それにしても、産業看護師という職業が人気の高い職業であり、その需要が高いこともまた事実なのです。では、なぜ産業看護師は難関!狭き門!と言われているのか検証してみましょう。

 

企業内での社員の健康管理(身体的な部分と精神面)を重要視する企業が増加していて、産業看護師というポジションは近年とても注目を浴びています。にもかかわらず簡単に産業看護師になることができないという現実・・・。これはひとえに「産業看護師の求人数」と「産業看護師の募集形態」によるところが大きいと言われています。

求人数自体が少ない

国内の企業数はとても多いのですが、その多くは中小企業であり、いまだに産業看護師を置いていない企業も多く採用枠も少ないです。大企業の方はどうかと言いますと、大企業は社員として産業看護師を置いていますが、それとて看護師が普通勤務する医療機関よりその数ははるかに少ないです。故に求人数が総体的に少ないということになってきます。

応募方法が限られている

産業看護師の募集は応募の殺到を避けるためハローワークや一般求人サイトでは扱われることがほとんどなく、看護師専門の転職サイトの非公開求人として登録者限定で公開されています。

 

さらに産業看護師の募集では、欠員ができて初めて募集するという形を取る場合がとても多いので、募集の時期が不安定ということもあり看護師転職サイトに登録していつでも求人が手に入る状態にしておくことが大切です。

看護師転職サイトの選び方ですべてが決まる

看護師転職サイトは数多くありますが、そのほとんどは病院・クリニックなどの一般的な求人を中心に扱っています。産業看護師をはじめとする「応募が殺到してしまう病院以外の人気求人」を扱うことができるのは、ごく一部の実力ある転職サイトに限られているというのが現状です。

 

病院以外の看護師求人に強い転職サイトを選び、上手に活用することが産業看護師の求人入手でライバルに差をつけるための最善のルートになるということを覚えておきましょう。



病院以外の看護師の働き方一覧