新人看護師が「辞めたい」と思ったら病院以外への転職がおすすめ

新人看護師が「仕事を辞めたい」と思った時にできること

新人の時には全員が全く仕事がどのようなものであるのかがわからない状態なのですが、やはり人によってすぐ覚えてしまう人もいれば、覚えるまで時間が掛かってしまう人もいるでしょう。特に現在では新人をきちんと教育できない人が多いので、うまくいかないとすぐ怒鳴り散らすような人や、文句ばかりいう人が多くなっています。そのため、新人看護師の多くは辞めたいと考えてしまうのです。

 

このようにまともな指導者に恵まれず、ストレスが溜まって辞めてしまうという新人看護師が多いのですが、通常新人であってもある程度の期間が過ぎると、残業や夜勤を行う必要が出てきます。この時にも仕事がきつくて辞めたいと考えてしまう新人看護師が多くなっています。

 

このように指導者との人間関係や、仕事のハードさで辞めたいと考える新人看護師が多いのですが、まだ新人ですし、この状態で辞めてしまうとかなり転職先が限られてしまうので、同期同士で励ましあって乗り切るのがベストです。

 

病院以外への転職という選択肢

新人看護師の多くは初めに病院へ就職するのですが、病院は看護師が勤務する職場の中でもトップクラスの厳しさを誇る職場となっています。よって病院の勤務内容が原因で退職した場合には、病院以外の職場に転職するようにしないと、また同じ理由で辞めることになるでしょう。そうならないようにするには、新人看護師でも採用してくれる確率がある職場を探しておくことが大切です。

 

しかし、新人看護師を採用してくれるような職場はかなり限られてしまうので、やはり介護関連の仕事に就くのが確実ですが、介護関連の職場であればどこでも新人看護師を歓迎してくれるというわけではありません。他にはクリニックも時々新人看護師であっても採用してくれる場合があるのですが、数がかなり少ないですし、通常クリニックは少人数で運営しているので、研修制度がない場合も多いことからかなり苦労するでしょう。

新人看護師のうちに転職するメリット

新人看護師のうちに退職をしたらデメリットばかりで、メリットなどないと考えている人もいるでしょうが、確かにデメリットの方が大きいものの、実はメリットもいくつかあるのです。では、新人看護師のうちに転職をすると、どのようなメリットがあるのかというと、「早い段階で自分に合った職場に就ける」という点です。

 

新人のうちから辞めたいと思うということは、その職場はあまり自分には合っていないと考えることもできるので、無理して精神的な不安を抱えているよりも、難しくても転職をした方が、自分の体のためにもなるのです。

新人看護師が病院以外へ転職するメリット

病院は必ず夜勤がありますし、ローテーション制となっているので最初のうちはかなり体力的にも精神的にもまいってしまうでしょう。

 

しかし、看護師が勤務する職場の中には、夜勤が存在していない職場も存在しています。また、医療行為のリスクも少ない職場もあります。このような職場を選ぶことで、看護師資格を活かしながらも自分が苦手とするワークスタイルから脱却することができます。

転職活動・職場選びの注意点

転職をする時にはいろいろな注意点が存在しているのですが、職場を選ぶ時にはどのようなことに注意するべきなのでしょうか。それは以前の職場を何で辞めてしまったのかという理由を明確にしておくことです。例えば人間関係がよくなかった、待遇が悪かった、仕事がきつすぎたなどいろいろな理由があるでしょう。

 

このように理由を明確にしておくことで、同じような職場を選んでまたすぐに辞めてしまうという失敗を防げるのです。何度転職をしてもまた辞めている人の多くは、転職をする際にまた同じような職場に転職をしたから成功しないで失敗してしまうということを学習しないといけません。



病院以外の看護師の仕事一覧