企業看護師を目指すなら派遣から始めるのもおすすめ!

企業看護師を目指すなら派遣から始めるのもおすすめ!

一般企業に勤めている企業看護師の方は、企業の一社員として勤務していることもあれば派遣社員として派遣され勤務されている方もいます。

 

派遣においては待遇面などで取り沙汰されている問題がありますが、企業看護師においてはこれらの問題は当てはまりません。

 

なぜなら、企業看護師はなくてはならない存在であり、業績を左右する資格だからです。

 

正職員の企業看護師との違い

派遣の企業看護師としての働き方は、正職員の方と変わりありません。派遣だからといって残業が少なくなるわけでもなければ、勤務時間が少なくなるということもありません。

 

業務内容に関しても正職員の方と連携を取りながら行っていくことになりますので、派遣だからといってできない業務は何一つなく、十中八九、正職員の方と同等の業務を行っていくことになります。職場によっては派遣勤務の看護師の方が多い場合もあります。

 

派遣勤務にもメリットがあるので、常勤雇用にこだわるのは損!

現在、派遣という形で企業看護師を募集する企業も増えてきていることもあって、正職員ではなくとも企業看護師に魅力を感じて派遣という形で勤務されている方も非常にたくさんいます。派遣には良いイメージを持っていない方もいるかもしれません。

 

しかし、派遣勤務にも様々なメリットがあります。

  • 勤務時間を調整してもらいやすいので、家事や育児と両立しやすい
  • 基本的には、正職員への登用が前提
  • 企業看護師としての経験を積めるので、後の転職に有利

【参考】派遣として働く企業看護師の求人モデルケース
企業内医務室(産業看護師)
医療機器メーカー(フィールドナース)
治験・製薬関連企業

どうしても常勤雇用で働きたい!という方もいるかもしれませんが、企業看護師の求人は数が少ないので、派遣勤務も含めて転職活動を進めることで確実に仕事に就ける可能性がアップします。

 

正職員への登用もありますし、なにより企業看護師としての経験を積めるチャンスでもあります。看護師転職サイトを利用する際も、派遣勤務を視野に入れて求人紹介を受けてみてはいかがでしょうか?



病院以外の看護師の働き方一覧