企業内医務室で働く産業看護師を知るための書籍一覧

企業内医務室で働く産業看護師を知るための書籍一覧

産業看護師がどのような職業であり、どのような仕事をするのかを知る為には、やはり書籍を購入して読んでみるのが最も簡単な方法なので、企業内の医務室勤務がどれだけ大変なのかを知る為に本を読んでみてはいかがでしょうか。

 

そこで産業看護師向けの書籍をいくつか紹介していきたいと思います。

 

最初に紹介するのは『産業看護 メディカ出版』です。1種類だけではなく多数の種類が販売されているので、産業看護師に関して色々と知る事ができるだけではなく、インターネットで調べてもわからないような事まで載っている場合があります。

 

次に紹介するのは『Q&Aでわかる産業看護実践』という本ですが、河野啓子という人が書いた産業看護師向けの本です。名前の通りにあまり知られていない事や、多くの看護師が疑問に思っている事に対して色々と解説してあるので、看護師の仕事をしていても、企業の医務室で勤務していなければわからない点まで書かれています。

 

3つ目は『産業看護の国際交流』という本ですが、この本は福岡悦子と國本政子という2人が書き記した本で、産業看護師は外資系企業にも存在しており、外国との取引が多い事から一般的な産業看護師とはここが違うという内容まで満載です。

 

4つ目は『職場うつの人々』という本で、おぐらなおみ、田中町枝の2人が書いた本となっているのですが、やはり会社員が最も悩むストレスについて書かれている本となっていて、産業看護師が最も苦労すると言われているメンタルケアの事を中心に書かれています。

 

最後は『21世紀にはばたく産業看護』と呼ばれている本ですが、この本は労働調査会という団体が書いた本となっています。

 

産業看護師とはどのような役割を持っているのか、将来的な展望はどのようになっているのかという点も書かれているので、実際に企業の医務室で勤務する前に読むべき本として知られています。

 

今回紹介した書籍は、産業看護師だけではなく、産業保健師を目指す人にもお勧めなので、就職前に読んでみてはいかがでしょうか。



病院以外の看護師の働き方一覧