企業の医務室・健康管理室で働く産業看護師の求人募集

産業看護師の求人募集を探す前に押さえておこう!

病院以外の転職先として人気が高い「企業内医務室勤務の産業看護師」の求人傾向などを解説していきたいと思います。

企業の看護師募集要項の特徴

最近の企業の看護師募集を見ていくと何点か気づくことがあります。

  • 看護師として臨床経験○年以上の者
  • 看護師資格を有しているものであって、保健師資格があれば尚良い
  • 産業保健活動の経験のある看護師を求む
  • PCのスキル(ワード・エクセル)必須

 

企業の看護師求人の全てではありませんが、このような応募条件が加味された募集案件が多数存在します。

 

企業での看護師の需要は大きなものですが、それ故に産業看護師を目指す看護師も増加しています。そうなりますと、企業の求人募集に対して多くの看護師が応募する状況が生まれてくるわけです。企業は、より能力のある質の高い看護師を求めていますので、求人でもいろいろな条件をつけてくるのです。

 

言葉は少々悪いかもしれませんが、応募してきた看護師をふるいにかけているわけです。このような状況になりますと、『産業看護師の求人は早いもの勝ち』というわけにはいかないので、応募に際しては、より自身をアピールできるように工夫する必要があります。

 

この点でも、企業向け採用対策ノウハウが充実している看護師転職サイトを上手に利用して、最低限の対策をしておくことが大切になってきます。

企業の医務室勤務では産業保健活動経験者を求めるケースが増えている!?

上記の「産業保健活動経験者」の補足を少しさせていただきますね。看護師は医療関係においては専門家といっても過言ではないでしょう。病気・怪我などに対する処置においては、まさにプロです。

 

しかし、企業の医務室勤務では、応急的な処置だけでなく、社員の健康管理における幅広い知識や技術が必要になります。故に、企業の医務室経験のある看護師の方が安心できると考える企業もあるわけですね。企業の医務室勤務の経験があるということは、新卒の看護師はあまり該当しないかもしれません。ある程度の看護師経験を積んでいる看護師の方が該当すると思います。

 

未経験者が採用に不利とは限らない

もちろん、逆に産業保健活動未経験者を率先して求めている企業もあります。専門的立場である看護師でも、社内では一社員扱いです。「場に馴染む」ことを考えると、あまり経験のない看護師の方が良いのでは?と考える企業も少なからずあるようです。また、このような企業は「仕事は現場で覚えて、成長していってほしい」という考えも持っているものです。

産業看護師の中でもどんな求人を選べばいいのか

産業看護師の需要はあっても、実際の求人は豊富に出回っている状況ではありません。「経験を積む」という観点から考えると、期間限定(3ヶ月〜6ヶ月程度)の派遣求人に注目してみるのもいいと思いますね。

 

現に、看護師募集で派遣の求人を出す企業は増えています。すぐに正社員として企業で働きたいとお考えの看護師には参考にならないかもしれませんが、派遣で「企業の医務室勤務」を経験しておくことは、将来的にとても大きな武器になります。先に述べたように、産業保健活動経験者を求める求人も少なくない状況を考えると、経験は大きな武器になることは確実です。

 

また、産業看護師の場合、派遣期間終了後に正社員として採用される紹介予定派遣の求人も増加傾向にあります。このような求人も見逃さないようにして下さいね!

 



病院以外の看護師の働き方一覧