空港(クリニック・検疫官) | 病院以外の看護師求人募集

空港(クリニック・検疫官) | 病院以外の看護師求人募集

空港内にも看護師が勤務する職場があるのですが、空港内には大きく分けると2つの勤務先があり、1つ目は空港内に設置されているクリニック、2つ目は検疫官として勤務する方法です。

 

空港内クリニックのお仕事

空港には多数の人が集まってくるのですが、その中には突然具合が悪くなってしまう人もいますし、悪天候などで空港に足止めされることもあるので、人によっては体調を崩してしまう場合もあるため、このような時に便利なのが空港内にあるクリニックです。空港によっては内科と歯科の2つが設けられていることもあるのですが、看護師は歯科医院に勤務することはできないので、当然内科勤務になるのは言うまでもありません。

 

看護師は大体3名前後で勤務することが多くなっており、規模が小さい空港にはクリニックが併設されていないこともあるので、求人は見つかりやすいとは言えませんが、定期的に求人は出されています。また、外国人の利用者も多いことから、英語力を重視して採用しているクリニックもあるので、英語に自信がある方は有利になります。

 

空港の検疫官のお仕事

空港の検疫官として勤務する場合ですが、検疫官とは空港内にある検疫所で勤務する看護師のことで、海外へ行く人の予防接種や、海外からくる外人が病気を蔓延させないように、感染症の対策をするために看護師が配属されているのです。

 

空港内にあるクリニック勤務の看護師と、検疫官として働く看護師の大きな違いは、クリニックの場合には空港にあるクリニックに採用してもらうのに対して、検疫官の場合には厚生労働省に採用してもらうことになるので、どこの空港に勤務するのか選ぶことはできません。

 

クリニック勤務は民間扱いなのに対して、検疫官は公務員扱いとなるので、採用は狭き門です。漠然と「空港で働きたい」と考えている看護師さんはクリニックへの勤務を選ぶ方が多いようです。



病院以外の看護師の仕事一覧