看護師の病院以外への転職事例《ケース6 フィールドナースへ転職したHさん》

看護師の病院以外への転職事例《ケース6 フィールドナースへ転職したHさん》

看護師として民間企業に勤務する場合に最も多くの求人が出ているのがフィールドナースの求人なのですが、あくまで民間企業で勤務することができる求人の中では多いというだけであって、実際の求人数はそれほど多くは出ていません。

 

そこでフィールドナースとして現在活躍しており、転職する際にも短期間で成功したHさんの事例を紹介するので、今後フィールドナースとして転職を考えている人は参考にしてほしいと思います。

フィールドナースの仕事に興味を持ったきっかけは何ですか?

大学病院に10年勤務していたのですが、英語に自信があり(フランス語とスペイン語も少し)看護師以外の外国語を使った仕事がしたいと考えていました。それでもせっかく苦労して取得した看護師の資格を活かせないのはもったいないと思っていたところ、看護師と外国語の両方を活かせる職場があることを知りました。

 

そのとき知ったのが医療機器メーカーのフィールドナースの仕事です。

 

外資系の企業に勤務することで英語力などを活かせるという情報を得たので、すぐに退職を決意して、とりあえず友人が看護師が使っていた看護師専門の転職サイトに登録をして求人探しをスタートしました。

採用から現在の様子までを教えて下さい

なかなか通勤できる範囲内で募集している求人が発見できなかったので、少々遠くても我慢して探し、求人に応募しましたが、英語にフランス語、スペイン語が話せるということで比較的最初から手ごたえを感じていましたし、10年の看護師経験もあったので面接後すぐに採用通知が届きました。

 

ただあまり機械に詳しくないというのが不安の種だったのですが、就職後に医療機器に関して色々と勉強していくことでなんとかやっていけています。ビジネスライクな人付き合いが多い職種なのでやはりストレスが溜まりやすいですが、比較的待遇も良くてOL気分で働くこともできるというのが良い点でしょうか。



病院以外の看護師の働き方一覧