英語力を活かせる外資系企業の看護師求人・募集

英語力を活かせる外資系企業の看護師求人・募集

看護師の中には英語が活かせる職場も存在しているのですが、英語が活かせる看護師の職場と言うと、医療機器メーカーの営業を行っている外資系の企業に勤務するフィールドナース、更には外資系企業で海外からもよく来客が来るような企業の医務室や、海外にも会社や工場を建てている企業が一般的です。

 

最も確実な方法は、海外へ行って海外の企業に入社する事なのですが、外国は日本のように簡単に外人を就職させるような事はしないので、この方法はかなりの知名度と実力が無ければ不可能でしょう。よって外資系企業の医務室勤務や、海外を中心に取引している医療機器メーカーに勤務するフィールドナースのどちらかに就職するのが英語を活かす為には最良の方法と言えます。

 

産業看護師よりはフィールドナースの方が求人が見つかりやすい傾向に

しかし、医務室勤務をする産業看護師の求人は比較的少なく、更に大半が非公開求人となっているので、外資系の企業に絞って求人を探すのであれば、やはり特定の地域限定となってしまう為、大都市圏以外の地域に住んでいる人は、やはりフィールドナースの方が確実に求人を発見する事ができるでしょう。

 

外資系企業の医務室勤務の場合には、それほど英語力を重要視している事は少ないですし、大半は日本人が社員となっている事が多いので、英語ができなければ就職できないという事はありません。その反面、外資系のフィールドナースの場合には、英語が話せないと就職できない職場も存在しているので、フィールドナースの方が英語を活かすのには適していると言えます。

 

英語力+看護師経験が総合的に評価される

外資系企業の場合、TOEICなどの英語に関する資格を持っていると更に面接で有利になる事は間違いありません。また、企業内医務室やフィールドナースといった職種は経験者自体が少ないので、看護師として病院やクリニックなどに勤務していた経験が評価の対象になります。ライバルも同様に企業勤務未経験者の方が多いので、自信を持って転職活動に臨みましょう。



病院以外の看護師の働き方一覧