派遣として働く企業看護師@治験・製薬関連企業

派遣として働く企業看護師@治験・製薬関連企業

企業に勤務する看護師の場合には、製薬会社に勤務する事もあるのですが、製薬会社に勤務する看護師の配属先は治験関連になるので、治験コーディネーターとして働くようになります。治験コーディネーターとして勤務する場合には、大半が正社員か派遣での採用となるのですが、やはり企業看護師の場合にも派遣での勤務は人気があります。

 

治験コーディネーターは新薬が完成し、十分な検査と研究を行って安全であると確認ができた新薬を届け出る事で使用が可能になるのですが、この時点で実際に治験モニターと呼ばれている人を対象に薬を投与して、人によってどれぐらいの差があるのか、投与する量を増やさずに効果が表れるかといった検査を行います。

 

この時に治験モニターの様子を観察し、結果をデータ化するのが看護師の仕事なのですが、医療機器メーカーの研究開発やフィールドナースなどの仕事よりも募集数が少なくなっているのが現状です。しかし、派遣で採用してもらった場合でも、それほど給料が変わるという事は無く、大体平均で時給1700円から2000円程度が一般的と言えるでしょう。

■求人例
治験実施機関での治験コーディネーターとしての業務
雇用形態:派遣(正職員登用あり)
資格:看護師
給与:(経験、年齢を考慮の上決定)、交通費全額支給、賞与年2回、昇給年1回

近年では派遣で採用しても賞与が支給される企業も珍しくはありません。ただし、現在でも派遣で採用してもらった場合にはボーナスが支給されない場合もあるので、求人案内を見た時にきちんと賞与支給などと書かれているのを確認するべきでしょう。

 

看護師専門の転職サイトを利用して求人を探す場合、ボーナスを支給してくれる会社を希望すると伝えておくのも良いのですが、あまり細かく限定してしまうと求人が発見できなる為、多少譲歩する必要もあります。それでも製薬会社に勤務する看護師の給料は派遣でもある程度高いですし、昇給や手当が出る事も多いので、あまり欲張らずにまずは実際に勤務してみる事をお勧めします。



病院以外の看護師の働き方一覧